Home  >  サービス  >  4. 認知症ケア

サービス

4. 認知症ケア

認知症を生きる人にとって、自分のことを心から理解しようとするスタッフが寄り添ってくれることは、大きな支えとなります。かけがえのない人生を最期まで、その方らしく誇りをもって生きられるように、「暮らしの質」「人生の質」を私たちがお守りします。

たとえば、ヒルデモア/ヒュッテではDCM(Dementia Care Mapping)という手法を使って、どんな環境下であれば認知症の方が穏やかにその方らしく過ごせるのかを把握し、そのような状態を長く維持できるように、日々ケアサービスの改善に取り組んでいます。そのため、社員のDCM資格取得を推進しており、現在、有資格者が36名(うち上級資格者2名)在籍しています(注)

  • 注) 2014年6月30日現在。なお、同日時点の日本国内の有資格者は997名(うち上級資格者77名)です。

Home  >  サービス  >  4. 認知症ケア